栗駒神変大菩薩

 小関純夫


1989年7月の会山行で麝香熊沢の湿原を訪れたあと、湯浜温泉に下山する途中で祠に立ち寄った。標高 895m付近にある分岐点にその祠は建っている。ここから分かれた道は栗駒南西の山腹をトラバースして世界谷地変則十字路につづいている。『宮城の山』を執筆中の会長は熱心にのぞきこんでいたが、私たちはあまり近づかなかった。なんと供えられた生の魚が異臭を放っていたのだ。 同じ年の秋、正月合宿の偵察をかねたキノコ山行で再びその祠を訪れた。会長に石像の写真を撮ってくるように頼まれていたので、奉納された夥しい布(弊帛-ヘイハク)をかきわけて上半身の写真を撮った。布には「栗駒神変大菩薩如意吉祥攸守護」と書かれていた。湯浜コースの先には虚空蔵山があり「神変」との関連から、この石像は虚空蔵菩薩と判断した。ただ妙に思ったのはここが秋田県境に近い奥深い山にもかかわらず、布を奉納した人々の住所が石巻や女川になっていることだった。

※神変大菩薩という名称は、役小角没後1000年以上経った江戸時代後期に、光格天皇が役の行者に与えたものとされ、修験道では一般的らしい。どおりで仏像図典などには載っていない訳で、ネット検索ができない当時は知る由もなかった。(神変そのものは仏教用語として一般的)


栗駒の地域踏査が進み、栗駒に関連した資料を蒐集しはじめた。蒐集した資料が増えるにつれて、変則十字路と湯浜の分岐を結ぶトラバース道がかつての羽後岐街道で、仙台領の海産物などを秋田側に運ぶのに使っていたことを知った。この中に『栗原の文化財』という本があり、栗駒山中の役の行者の石像の写真がある。偶然、別の資料でその石像が昭和34年には世界谷地の変則十字路にたっていたことがわかった。そこはかつて御室への登拝路の入口で「鳥居」と呼ばれていたところである。現在その石像はなく平らな石が置かれているだけだが、植えられた杉の木は残っていた。この本に写っている役の行者の顔があの湯浜の祠で撮った石像の顔と似ているのである。

「鳥居」の石像に刻まれていた「宝歴十年」の銘がキーワードだ。

※別の資料というのは 『栗駒登山日帰りコース踏査記』(会報 栗原郡花山村文化財保護委員会 昭和34年)で、宝暦七年八月と記載されていたが誤記か?

1994年5月、連休の最後に栗駒山南西面のブナ林を歩くことにした。すでに湯浜を通る国道 398号線は開通している。湯浜温泉から登山道を少し登るとすぐ残雪が現れ、落ちた白桧沢の橋を迂回して祠に駆け上った。葉のないブナ林なのでずいぶん遠くから祠の屋根が見える。この時期だから判るのだろうが、祠のすぐそばに 895mの三角点と朽ちた鳥居がある。失礼な行為のお許しを願ってから、ひと冬越えた布をかきわけて石像を見る。確かに高下駄を履いた役の行者の石像のようだ。背中をそっと探ると文字が彫ってあるのがわかる。失礼して背後を覗き込むと「宝歴十年」の文字が読み取れる。

予想通りこの石像は誰かの手でに移されたものであろう。石像が両方にあった可能性もあるのだが、杉の木を植えていないのは不自然だし、栗駒町教育委員会の行った街道調査でも「鳥居」側の石像しか触れていない。

栗駒山中には他にも石像がある。秋田県側の田代沼に近いお助け小屋跡にも鎌を持った山神様がいる。杉の巨木の根元の小さな祠に置かれ、鉄扉に頑丈な鍵がかけてある。羽後岐街道からはずれるが、駒ノ湯の前にも鎌を持った山神様が台座に載っている。また、世界谷地手前の冷沢にあったとされる鎌を持った山神様は持ち去られてしまったらしい。湯浜の石像については、誰が何のためにという疑問が残る。奉納された布に書いてある石巻周辺の神社をあたればはっきりするのだろうが、よく判読できなかった。

この日はこの祠からC850m付近を山腹にそってトラバースして湯浜林道にでた。今の時期は1メートル程の積雪で夏道がどこを通っているのか判断できないが、いつの間にか林道に出てしまった。昨年10月の会山行で歩いたN田パーティの報告では登山道からほんの数メートル先を林道が通っているらしい。小桧沢林道の分岐から1km程のところである。小桧沢林道のほうは小桧沢で工事が止まったままだ。ここから虚空蔵山へまっすぐ登り、湯浜へは冬山コース沿いに下った。最後はヤブに捕まり、湯浜温泉手前で1時間半もワンダリングするおまけがついた。やはりバチがあたったのだろう。

(1994.5.12)


栗駒神変大菩薩(その後)

湯浜分岐の役の行者が湯浜温泉に移されたと聞いたのは内陸地震の前だったが、訪れる機会がないまま2008年6月14日に起きた岩手・宮城内陸地震で栗駒山周辺は大変な被害がでた。特に駒ノ湯はドゾウ沢上部の崩壊による土石流で壊滅的な被害を受けたので、温泉前にあった山神様は失われたものと思っていた。また、湯浜温泉も2011年3月11日の震災で更に復旧が遅れて、一昨年にやっと復旧したと新聞で読んだ。

2015年になってファミリーハイクで湯浜温泉を訪れる機会があった。しっかり雪囲いしたお堂の中央に地衣類が付いたあの役の行者が鎮座し、脇侍に不動明王(修験なのでたぶん)と普賢菩薩立像(?)という豪華な組み合わせだった。また疑問だった石巻の修験寺院は湯浜温泉入口の案内板に明記されていた。この日は 湯浜温泉からは時間切れで御室往復だったが、元のお堂があった湯浜分岐は鉄の骨組みが片づけられて置いてあった。

2日おいて、連休最後の日にイワカガミ平から産沼に降りて御駒ヶ岳などを周遊して戻った。帰路に気になっていた駒ノ湯跡を訪れてみると、一段高いところに湯神とあの山神様が並んで祭られていたので驚いた。 写真を較べて見ると、クリーニングされたのか以前に駒ノ湯で撮ったものよりずいぶんすっきりしている(台座に文字が見える)。

さて、久々に石像を見たので『栗原の文化財』を久しぶりに見てみた。宝暦十年というのは湯浜温泉の役の行者像と同じだが、どうも写真のほうがふっくらしていて、全体として彫り込みが深い。栗駒山中に数体あると記載されているし、なにより旧花山村の文化財に指定されている。そう簡単に移設できるものではないだろう。ということで、今更ながら湯浜温泉の役の行者像とは別の石像ではないかという疑念を持っている。

(2015.9.28)


『栗原の文化財』の役の行者像
栗原郡文化財保護委員連絡協議会 昭和45年