文献からみた栗駒山名の定着過程

 小関純夫

3.仙台領内の絵図

江戸時代にはいると幕府の要求によって領内の絵図がつくられた。地誌が編纂される以前の栗駒山は「駒ヶ嶽」で共通している。

●仙台領国絵図

仙台市博物館に行くと仙台領の巨大な絵図がある。正保年間 (1644~1648) に製作された『仙台領国絵図』を元禄10年(1697)に写したものだ。宮城県図書館にその写真がある。栗駒山周辺には「駒ヶ嶽」と「す川湯」が書いてあり、いずれも磐井郡に属している。南側には沼倉村から「田代長根」を越え羽後岐街道と、温湯から「よたん坂山」を越える羽後街道 (仙北通り) である。これらは栗原郡側に属している。

●陸奥国仙台領際絵図

1700年に製作された絵図のうち出羽国秋田領を描いた絵図に「駒ヶ嶽」とあり、郡境の線をはさんで「須川湯」と「剱山」が書かれている。同年に秋田藩で製作された「秋田領雄勝郡際絵図」では「剱嶽」と「駒嶽」になっている。領境は「白洌峠」で、現在の県境とおなじである。仙台領側からの二つの街道は秋田領内で合流し、男安村 (小安) に通じている。この合流点は今の湯浜温泉であるから、領境は現在の県境より宮城県側にあったようだ。

4.『仙台名所記』

仙台図書館所蔵の本には、末尾に「元禄八年写」とあるが、文中の記述より、成立は寛文12年(1672)とされている。(12)仙台領内の名所・旧蹟を簡潔に説明し、歌枕名所もほとんど網羅している。栗駒山については次のように書いている。

「一 栗駒山 名所なり 胆沢郡此栗駒山を今は駒ヶ嶽と云。
 夫木集
 陸奥国の栗駒山の朴木ハ
 花より葉こそ冷(スス)しかりける」

この和歌は夫木和歌抄にはないが、歌枕にある「くりこまやま」が仙台領内にあると指摘したのはこの書が最初だろう。ここでは栗駒山を現在の焼石連峰・駒ヶ岳としている。平安時代にはこの近くの胆沢城に鎮守府が置かれていたので、歌に詠まれたとしてもおかしくない。

5.『奥羽観蹟聞老志』

『奥羽観蹟聞老志』(4)は、仙台藩の儒学者、佐久間洞巌(1653-1736) が4代藩主伊達綱村の命により編纂し、1719年に完成した。全20巻からなる仙台藩内および東北の地誌であるが、名勝旧蹟、神社、山川奇勝を古文旧記や古今の和歌、伝説などによって書いている。現在、仙台叢書第15、16巻に収められている。

●膽澤郡・栗駒山

このなかで、栗駒山は栗原郡 (巻之八) ではなく膽澤郡 (巻之十、膽は胆の旧字) に記載してある。延喜式神名帳に載っている駒形神社を山中に祭っていて、現在の焼石連峰に属する駒ヶ岳をさすことが分かる。そして、この駒ヶ岳を仙北、磐井、栗原にまたがる広大な山域としてとらえている。しかし、絶頂は大日嶽としている。残雪が奔走する馬の形をしていることや、山中の岩窟に馬頭観音、大日如来、虚空蔵菩薩の仏像が祭ってあることなどは、現在の栗駒山の記述のようにもとれる。

この膽澤郡には「酢川岳」の記載もあり、奥羽の両境にまたがる大岳で、温泉があることを紹介している。そして「日本三代実録」から、873 年に温泉神に従五位を授くと引用している。一方、栗原郡の記述では、駒形根神社が神名帳に載っていることだけを紹介している。従って、須川温泉側から行く駒形根神社の口伝を、膽澤郡にある駒形神社のものと記述したのかもしれない。

●和歌の引用

栗駒山の地名は雪形「駒」が由来で、歌枕に称する所としている。大和物語や夫木和歌抄に詠まれたくりこまの和歌を引用しているが、初句が「みちのくの」で始まる歌を根拠に、領内の「駒」にちなんだ山だとしているように見える。

「夫木集
 みちのくのくりこま山の朴の木は
 花より葉こそすすしかりけれ

 同 朴木枕 人丸 松葉集
 みちのくの栗駒山の朴の木の
 まくらはあれと君か手まくら」

朴葉をよんだ歌は『仙台名所記』と同じく夫木和歌抄には無い。また朴木枕の歌を人丸としている。松葉集とあるが、1660年刊の私撰和歌集『松葉名所和歌集』で朴木枕が柿本人麿の歌になっていたのだろうか。 (古今和歌六帖では一つ前の歌が人丸となっていた)

6.『封内名蹟志』による修正

仙台藩の佐藤信要(ノブアキ)は、1741年に『封内名蹟志』(13)21巻を編纂した。講官高橋以敬の校訂を得て幕府に献じられた。この書は『聞老志』の誤謬を訂正し、記事を簡潔にしたものである。仙台叢書第8巻には1851年に漢文から国字に改めたものが収められている。

●栗原郡/栗駒山

栗駒山はこの地誌ではじめて栗原郡の駒ヶ岳とされた。あまり長くないので以下に引用する。

「栗駒山。沼倉村に有。下同。
 山上朴樹多し。頗る美材也。貢公用。郷人又駒ヶ嶽と稱す。磐井郡五串村に跨れり。神名式に載る所。駒形根神社。山上に有。其路険難にして。土俗老少登り難し。故山下に小社を建て祭祀せり。此地を今一の宮といふ。
 封内駒形と稱する地。二ヶ所有。一は伊澤郡に有。其字其訓相同じきが故。人多く是を誤れり。神社を以ていふ時は。當郡沼倉沼は。駒形根神社。伊澤郡西根村は。駒形神社也。山名を以ていふ時は。當所は栗駒山駒ヶ嶽といふ。歌枕に稱する栗駒山といふ是なり。古歌多くは朴樹を詠ず。此山朴樹多し。是其證なり。伊澤郡は駒形山といふべし。視る者妄りに混ずべからず。
 (中略)
 六帖歌枕。以下夫木集 人丸
 陸奥の栗駒山の朴の木は
 花より葉こそすずしかりける
   (後略)   」

このように栗駒山を栗原郡と修正したが、膽澤郡の駒ヶ嶽の記述はすっかり残したままになっている。そして、修正した理由をそこにはっきり書いている。「其地朴樹多く。其土地山勢又栗の文字をもて見る時は。栗原郡の駒岳ある事疑ふべからず。」

●栗駒山の朴木

栗駒山を歩くとよく朴の木を見かける。しかし、定量的に他の山より多いかどうかは判らない。(14)北海道から九州まで分布する樹木で、他の山でもあの大きな葉や実が落ちている。過去に朴木が栗駒一帯の特産物だったという記録があれば『名蹟志』の記述は正しいことになる。現在のところ、例えば、1798年に仙台で書かれた『封内土産考』(15)や領内で書かれた他の地誌には朴木の記載はないようだ。ただ、菅江真澄が『駒形日記』(15)に朴木枕の歌を引用し、栗駒一帯に朴木が多かったと推測している。ある医師(クスシ) の話として、栗駒山の朴木の皮は中国の厚朴に似た薬効があると書いている。また、当時、秋田県側の檜山付近に朴木台という地名も残っていたらしい。

古歌に朴木が多く詠まれ、栗原郡の駒ヶ岳には朴木が多いという理由で栗駒山を特定した。しかし、膽澤郡で書いているように栗原郡名によって合理的に説明できるというのが本当の理由だったのではないだろうか。和歌についても、朴葉の歌を柿本人麿が詠んだということにしており、やや貴種流離譚に似た気配を感じる。いずれにしても、この『名蹟志』によって栗駒山は朴木で有名な栗原郡の駒ヶ嶽ということになった。

7.『封内風土記』

『封内風土記』(17)は、仙台藩の儒臣田辺希文が5代藩主伊達吉村の名を受けて編纂した、いわゆる藩撰の地誌で1772年に完成した。全22巻からなり、仙台藩でもっとも完備した地理書とされる。『聞老志』は仙台領が決して卑俗非文化の地ではないことを立証する歴史書的な立場だった。これに対し、『封内風土記』は名所旧蹟志と精確な現勢の総合を目的に編纂された。しかし、田辺希文は序文で老齢のため現地調査が不十分だったことを述べている。

●栗駒山の定着

栗原郡吾妻郷沼倉邑の記述では、駒形山大日嶽があり、駒形根神社の由来を日本武尊が祭ったとしている。また、栗駒山については「盛夏にもなお雪を宿し、あたかも斑馬に似ている。東から望めは南に首、北に尾。西から望めば北に首、南に尾。斑馬が雲表を奔走する形である。故に駒形山の山名がついた。」としている。栗駒山名の由来については、膽澤郡西根村と同じく『名蹟志』をそのまま引用していて新たな考察は加えていない (ただし、本書には和歌の引用はない) 。したがって、この地誌以降に栗原郡・栗駒山は定着したとしてよいだろう。

●須川岳の認識

『封内風土記』では須川岳に関して詳しく書いている。磐井側南岸の猪岡邑および北岸の五串邑には栗駒北東の川名が見られ、その源流の山名を書いている。穢多川はゼッタ沢のことだろうし、三津川は三途の川である。

・産女川(ウブメ川) (須川嶽狐形吹越澤)
・桂 川 (横根嶽澤そして須川嶽下に至)
・一石川 (須川嶽烏帽子形澤)
・穢多川 (須川嶽剣山澤)
・三津川 (須川嶽大日澤)

須川岳の位置については、五串邑に「須川嶽。駒形嶽。北方本邑に属す」とあるだけで明確な区分をしていない。一方、柏ノ森や薊禿など県境の山名が記載されている。膽澤郡・駒形山を膽澤、磐井、栗原にまたがると捉えているのに較べて詳しい。領境にある須川温泉については、婦人病の効能から剣岳一帯の奇景まで詳細に記述してある。これは、秋田に通じる間道があったためだろう。源義経がここを通ったという伝説があり、判官清水や判官石、判官田 (湿原のことだろう) といった地名があったらしい。(18)